岸田首相は、「インバウンド消費について、円安の効果も生かすことで、速やかに年間の消費額で5兆円超を達成することを目指し、集中的な政策パッケージを投下する」と表明。

”5兆円” の規模感ですが、日本のインバウンドは、コロナ前2019年に3200万人、消費額 ”4.8兆円” でしたから、それをさらに超える規模です。

即急に、5兆円超えることをミッションに、海外での訪日プロモーションなどに力を入れていきます。

政府は我が国の今後の方針として「観光立国」を掲げています。

観光立国とは 「観光による経済効果をその国の経済基盤」にすることをいいます。

【これからの我が国で、一番伸びる産業が”観光業”】

宿泊ビジネスは、国策に沿ったビジネスであり、”巷の流行りビジネス”などとは『全く別次元の話』なのです。

国に後押ししてもらえる【史上最高レベルでチャンスがある】観光業でのビジネス。

今チャレンジすることで、20年先も30年先も稼いでいけるこのビジネスの、チャンスを掴まないのはとても勿体無いことでしょう。

大神麗子
民泊ビジネスの第一人者として、数々の日本一の実績を持つ。

  • 民泊ビジネスの第一人者
  • 民泊業界で最多メディア出演。100以上のメディア掲載
  • 民泊業界で日本一のセミナー動員数。累計1万人
  • 民泊で日本一売れた本の著者。

 

,TV、雑誌、新聞、ラジオ、ネットメディアなど、大神麗子がこれまで100以上のメディアでご掲載いただいております。

日本一売れた民泊本の著者

民泊とは、旅行者などに宿泊施設を貸し出すサービスのことです。

個人が1室を貸し出すといった小規模なものから、不動産企業が建設した宿泊施設にいたるまで、幅広い形態の宿泊サービスが「民泊」と呼ばれています。

一般的に表現する”ホテル”との違いは、物件にマンションや戸建てなどを活用することが多いことから、民家に泊まるイメージから来る造語で、”民泊”と呼ばれています。
.

民泊システム

.
民泊のシステムは、ユーザーとして宿泊する人、オーナーとして物件を貸し出す人、それを仲介する仲介サイトの3者で成り立っています。


あなたが、オーナーとして物件を開業した場合、「宿泊者のお客さんはどうやって集めるの?」と気になるでしょう。
飲食店を開業しようと、マッサージ屋を開業しようと、お客さんを自分で集めなければなりません。

ですが、”民泊”では、集客は予約サイトがやってくれます。自分で集客する必要はありません。

例えばあなたが、旅行先の宿泊施設を探す際に、何件ものホテルに直接、電話していますでしょうか?おそらく、じゃらん、楽天トラベルなど、比較サイトで検索しているのではないかと思います。

事業で一番難しいのが”集客”ですが、それを代わりにやってもらえるからこそ、初心者でもすぐ成果を出しやすいのです。

<民泊ビジネスの特徴>

  • 初期投資300万~と少額事業
  • 不動産を買わなくてOK!賃貸物件でできる
  • 集客不要・セールス不要
  • 一人でできる
  • 運用は業者にお任せできる
  • 高い収益性
  • そして何よりも、楽しい!

.

みなさんが気になるであろう、収益についてです。

“百聞は一見にしかず”ということで、実際の管理画面をスクショしてお見せします。 

このように、毎週毎週、数十万円が入って来ていますが、こちらは、たった1室の部屋からの収益となります。

毎週のように数十万が入ってくると、当然キャッシュも増えます。

     

民泊が他の投資やビジネスより稼ぎやすい理由についてお話しします。

私はこれまで、セミナー1万人以上お会いする中で、必然的に「ビジネスで上手くいってない方」とお話しする機会も多いです。そういった方々でも民泊であれば成果を出せることが多いのですが、それには理由があるのです。

他の投資やビジネスとの比較をしてみます。

不動産投資
何千万円、何億円と、高額な借金をする必要があるが、利回りは数パーセント。
↕︎
民泊

少額でできる。自己資金の範囲で始められる。利回りが高い。
/
株・FX・仮想通貨
値動きなど自分でコントロールできない要素がほとんど。急にお金が溶けることも。
↕︎
民泊
自分でコントロールできる。現物がある投資なので急に溶けたりする心配もない。
/
ネット物販
商品をリサーチしたり掲載したり配送したりと凄く労力がかかる。労働型から抜けられない。
↕︎
民泊
運用を管理会社に丸投げできるため、やることなし。不労所得。
/
実店舗開業
スタッフの管理、採用、人件費が必要。お客様の集客をしなければならない。
↕︎
民泊
スタッフ不要。無人で運営できるため人件費ゼロ。集客は予約サイトがやってくれる。
/
アフィリエイト
ブログなどの媒体を育てるまでにかなりの時間がかかる。収益が生まれないことも多い。
↕︎
民泊
開業後、すぐ即収益化できる。
/
SNS、Youtube
フォロワーを増やすのが難しい。投稿や撮影や編集に時間や労力がかかる。
↕︎
民泊
影響力不要。全く属人性なし。フォロワー等も不要。
/
スクールやオンラインサロン
開設できたところで集客とセールスが必要。先生が有名人などでない限りどちらも相当難しい。
↕︎
民泊
集客不要。セールスも不要。サイトに掲載するだけ。

 

.個人的に民泊ビジネスの一番好きなところは、「楽しい」ということです。せっかくやるなら毎日ワクワクしたいですよね。

民泊を開業すれば、毎日、世界各国からあなたの物件をめがけてゲストがやって来ます。

誰にとっても旅行は「一生の思い出」。

人の「一生の想い出」の一部を自分が提供できるって、純粋にもの凄く楽しいし幸せです。

他の事業では、一生の想い出とまではいかないですからね・・・。

旅行が終わって母国に戻られてからも、メッセージのやり取りをさせて頂くこともありますよ!

例えば、1年前の春にいらっしゃった外国人のゲストさんから、「私たちは桜が大好き!写真だけでも見たい!」と連絡をいただき、ラインで送って、とても喜んでもらったりしました。

毎年は来れないですが、その翌年にまたリピーターでお泊まり頂き、次は秋のシーズンを楽しんで頂きました。

海外の多くのゲストは「四季」に憧れます。

日本人にとっては当たり前のことでも、4つものシーズンが楽しめる国は多くないのです。

「WOW!!!雪を人生で初めて見た!」と喜んでもらうことも多いです。南国では降らないですからね。

滞在中のゲストさんとの関係ですが、直接会わなくても、メッセージだけでもOKです。

もちろん会ってもOK!! 滞在中楽しんでもらえれば、どちらでも関係ないです。

また、旅行中のハッピーな人たちを相手にするため、クレームなどの揉め事がほとんど起こらないのもポイント。

普通に事業をやっていればそういうことも起こるものですが、幸せな時間を扱う事業のため、起こりにくいのです。

【これからの我が国で、一番力を入れていく産業が”観光業”】

「観光立国」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

観光立国 とは 、国内の観光資源を整備して、観光客を誘致し「観光による経済効果をその国の経済基盤」にすることをいいます。

なぜここまで政府が力を入れるかと言えば、今後日本は人口が減っていく国なので、外貨を稼ぐことがキモになるからです。

国内の日本人向けの産業は、全ての産業が、遅かれ早かれ衰退していくわけです。
日本という国を維持し成長させるには、外国人を伸ばすほか策がない。

だから政府がこれだけ、躍起になって、外国人向けのビジネスを推奨しているのです。

日本という国は、観光産業をメインとする成長を目指しています。

将来性抜群、再現性も高く稼ぎやすい民泊ですので、やりたい方が非常に多い民泊ですが、難しいのが、多岐にわたる専門的知識が必要な点です。

法律面、不動産、外国人、運営、許認可関係など、非常に様々な専門的知識が必要になってきます。

当然ながら、ただ開業したところで儲かるわけではありません。正しいノウハウでやるからこそ勝てるのです。

そこで、民泊ビジネスの勝てるノウハウを学べる環境をご用意しました。

民泊スタートパック

民泊の”全て”がわかるパックです。
超盛りだくさんの内容となっております。

代金:49,800円今だけ4,980円(税込)

 

  • 動画セミナー1時間(購入後すぐに閲覧して頂けます)
    こちらは実際に3.3万円で開催したセミナーの収録となっております。

  • 民泊大百科200ページの資料 (購入後すぐに閲覧して頂けます)

 

スタートパックで学べる内容

民泊の”全て”がわかるパックです。
超盛りだくさんの内容となっております。

システム
1:民泊の仕組み
2:サイト掲載にお金はかかるのか
3:エアビーと民泊の違い
4:流れ

【ゲストについて】
5:どのくらいの人が民泊を利用しているのか
6:民泊の利用者はどんな人
7:民泊の需要って?

【観光客以外について】
8: ビジネス出張客予算は?
9: ビジネス出張客予算 都心以外
10:民泊を出張に利用するのは3%と少数派
11: ビジネス客 注意点
12: ビジネス客あるある

【物件を選ぶとき、内装や設備】
13:同居型も需要があるか
14:どれくらいの広さの部屋がいいか
15:駅から何分くらいまで大丈夫か
16:家が古くても大丈夫か
17:ペット ok
18:喫煙 ok
19:パーティ ok
20:エレベーターなくてもいいか
21:和室と洋室どっちがいい
22:寝具はどんなものがいいか
23:ベッドターゲッティング 具体的には
24:トイレ
25:風呂

【登録】
26: Airbnb 登録方法
27:基本情報入力
28:写真をアップロード
29:説明を書いていく
30:部屋のタイトルをつける
31:値段設定
32:ハウスルール
33:予約設定
34:カレンダーを設定
35:料金設定&通貨設定
36:プレビュー確認
37:ゲストのための情報
38:ガイドブック
39:料金受取方法の設定
40:Booking.com とは
41:Booking.com 登録手順
42:登録手続きに必要な情報
43:登録動画

【準備】
44: 写真について
45:アメニティは何が必要か
46:Wifi は必要か
47:テレビは必要か
48:洗濯機は必要か
49:中古の家具でもいいか

50:キッチン用品があると何がいいのか

【寝具】
51:リネンの色
52:枕
53:安いベッドを使う場合の工夫
54:タオル
55:リネンの生地
56:リネンの種類

【運営】
57:伴渡し
58:集合ポストに伴を入れるのはどうか
59:オートロックがあるマンションで、集合ポストも中にある。どうしよう
60:ハウスマニュアル
61:ハウスルール
62:アクセスガイド
63:レビュー記入依頼

【対策】
64:騒音対策
65:ゴミ対策
66:ゲスト関係
67:旅行者は平均何泊するか
68:直接合わなくても大丈夫か
69:チェックインをスムーズにするには
70:チェックアウト時間を守ってもらうには

【トラブル】
71 設備を壊された
72:盗難をされた
73:忘れ物をされた

【お金の面】
74:宿泊料はどうやって決めるか
75:清掃料はどうやって決めるか
76:キャンセル料
77:宿泊料の受け取り

【通常生活の清掃と比較して、民泊の清掃の際気をつけること】
78:髪の毛
79:水回りの水滴拭き取り

【レビュー】
80:変なレビューをつけられないためには

【:簡易宿所・特区民泊以外】
81:簡易宿所・特区民泊以外で合法で民泊を運営する方法
82:カウチサーフィンとは
83:イベント民泊とは
84:農家民宿/農家民泊 目的と違い
85:農家民泊とは?
86:農家民宿とは?
87:農家民宿どのような規制緩和があるのか

【賃貸不動産投資との違い、メリット】
88:圧倒的利回り!
89:入居者争奪合戦とおさらば
90:家賃滞納、ありえない
91:リスクヘッジ
92:人気物件の需要が違います
93:繁忙期が違います!
94:すっきりサッパリとしたおつきあい!
95:空間 MIX!相乗効果を狙える!
96:地方の大家さん!もう過疎化に悩まされないでください!

97:交流によるたのしみ
98:お金を落とす県ランキング

【その他】
99:初心者の「大家さん」が1年間宿泊運営をした例
100:予め旅館業の許可がとれる物件での運用

【コラム】
101:民泊トラブル 110 番
102:資金がないから格安で部屋を作る!は逆です
103:物件を最初の数年だけ宿泊運用するスキーム
104:冬のボーナスが迫ってきました!!
105:ハイシーズンレートについて
106:地方で人気が急上昇しているエリアとは
107:どんどん AI の時代に
108:大手ホテルさえも「名前、変えます」の時代
109:京都のお話です。
110:ホテルのキャンセル料を軽減する方法
111:売り上げアップのために工夫した事
112:なぜ民泊が選ばれるのか
113:どのようなランニングコストがかかるのでしょうか

【購入のメリット】
114:「購入・賃貸どちらでやるのがいいのか」費用対効果
115:「購入・賃貸どちらでやるのがいいのか」労力対効果

【副業と民泊】
116:副業にぴったり民泊
117:副業で重要なポイントその 1:小資本でできる
118:副業で重要なポイントその 1:時間が取られない
119:副業で重要なポイントその 1:即効性確実性

120:副業で重要なポイントその 1:一人でできる
121:副業で重要なポイントその 1:充実感幸福感
122:正社員の副業にこそ民泊投資が有利な理由

【簡易宿所にチャレンジ】
123:「用途地域」等はどう確認する?
124:教育施設
125:構造基準
126:客室の広さ
127:採光
128: 「保健所」との事前相談のポイント
129: 申請書類等の準備・記入法
130:消防設備
131:小規模施設
132: 「消防署・保健所」の立ち入り検査
133: 経費は?利益率は? 実例に見る「簡易宿所経営」の収益
134: 今後も「簡易宿所投資」市場が伸び続ける理由

【インバウンド】
136: LCC による運賃下落
137: ビザの緩和
138:官⺠挙げての訪日促進活動
139:中国人爆増
140:日本への関心の高まり
141:リピーター
142 時流に乗ることの重要性

 

未経験の方も全く何の問題もありませんのでご安心ください。誰でも最初はみんな初心者です。

会社員男性Tさん(39歳)

副業で運営しながら、初年度の年商2873万

人生の大きなターニングポイントとなった。

会社員として初めて勤めた企業は、リーマンショックの影響で早期退職の募集を始めた。全身全霊を注いで勤めた次の企業では、出世もしたが会社都合の考え方に馴染めず転職した。

そんな経験から、会社勤めだけの一本足打法ではダメなのだと思い、本業と副業の二刀流で戦うことを模索した。「二刀流といえば、まずは株だ!」と手を出すも無風。「輸入ビジネスだ!」と意気込むが陽の目をみない在庫商品の山。「負けてたまるかビットコインだ!」と思いきるも大暴落。

なけなしの貯金を削って様々な事に挑戦したが、何一つ儲かったものはなかった。

私にはきっとセンスがないのだと落胆した。

数年前、私は数十万を払って〇〇〇アカデミーという不動産投資の学校に通ったことがある。仲間と呼べる関係性にある方は一人もおらず、物件も見つけられなかった。もちろん私自身の問題もあるが、そのうちにあきらめて通うことも辞めてしまった。

途方に暮れる日々から次第に自信を失い、「本当の幸せってお金じゃないよね」と、自分都合の解釈に傾倒する。

そんな時、書店で大神さんの本を見かけた。
なんとなく大神さんの本を手に取った。

振り返ってみると、ここで大神さんの存在を知ったことが私の人生の大きなターニングポイントとなった。

私は本を買って満足するタイプで、読書好きではない。それなのに、その本は数時間で一気に読み終えた。

(・・・・)

内容が理解しやすかった事もあるが、自分と、大神さんの行動力の圧倒的な違いを痛感し、衝撃を受けたのだ。

(そりゃ私が成功するはずがない。

虚無感にも近い読後感だったが、次第にそれは「何とかしてこの人のようになりたい!」というエネルギーに変わった。大神さんのfacebookをフォローし、本を何回も読み込んだ。

やはり信じる者は救われるのだと思う。そんな生活を送っていたら、なんと大神さんのセミナーがあるというではないか。もちろん即参加した。

そこからは怒涛の日々だった。毎日のように動いた。

私は大神さんにご紹介を頂いた物件を契約し、大神さんのサポートを頂きながら開業までこぎつけて、幸いにも順調に運用ができている。

ほんの数ヶ月前は何をしても上手くいかず自信も失っていたのに、自分の会社と自分の事業を持ち、自信を取り戻すことができた。

まだまだ規模は小さいが拡大していけるという確信を持っている。

最近は自分の物件の内覧会を実施し、「開業準備に何をしたのか?」、「協力会社にはどこまでを依頼しているのか?」、「利回りはどれくらいか?」などを共有しあったり、周りに貢献できるようにもなった。

私がずっと欲しかったのはお金ではなく、「自立できる!」という自信だったのだと思う。

初年度の年商3000万円弱を達成することができた。私の今後としては、もちろん物件を増やしたいが親和性の高い関連ビジネスにも投資をしてみたい。

 

独立することが出来ました。(医師 Y.Kさん 36歳)

(Y.Kさんプレゼン風景 当会セミナーにてご登壇)


台東区の図書館にあった本を父が借りてきました。それが大神さんの本でした。それをきっかけに大神さんのLINEに登録をし、特典のテキストを読みました。

その流れで、後日、セミナーに参加。

現在、所有物件を活用して宿泊業をやっています。

初めての経験となった宿泊業ですが、とても素晴らしい日々となっています。

お金の面だけではなく、ゲストから感謝のレビューをもらえたとき、宿泊業をやっていて良かったと思えました。こんな体験は宿泊業をやっていなければ経験できなかったです。

自分で宿泊業を始めたことを通じて、人との新しい繋がりも出来ました。

セミナーを受けた当時、最初の頃は、わからないことが多かったですが、民泊仲間ができ、分からないことを相談できる仲間ができ、回りの人達が頑張っていると自分も頑張ろうと思えて楽しみながらここまでやってこれました。ワクワクできる同士がいることの大切さを実感しています。

収益の面に関しては、今は毎月90-130万程度が安定的に「利益」として入ってきています。

本業の給料を超えたため、自由に選択肢を持つことができるようになりました。

現在は、大神さんのプロジェクトで、自分がプロジェクトリーダーとしての企画を立ち上げ、仲間とともにプロジェクトを動かしています。

そして、私事ではありますが、今まで勤務医として働いていましたが、この度独立開業することが出来ました。
サイドビジネスをやっていなければこの決断は絶対に出来無かったです。

これからの人生は、自分の好きなことを自分の選択で決めて行く人生にしようと思っています。

大神麗子の想い

民泊事業を開始して8年目となりました。民泊の素晴らしさを伝え、実践する人々が増えることを、心より嬉しく思います。

始めたい理由は人それぞれだと思います。毎月少しお小遣いを増やしたい、自社の新規事業として加えたい、会社員リタイアを視野に入れ人生を変えたい、趣味として楽しみたい。

できる環境や条件もそれぞれです。投資できる資金や属性も違えば、できることも変わってきます。
このビジネスのいいところは、そんな様々な環境や条件の方々が、それぞれ自分に合った方法でスタートを切れることです。
私達を通じて、皆様の人生がより豊かで充実したものなれば嬉しく思います。
チャンスを掴みたい方は是非お待ちしていますね。 

政府は、2030年に外国人旅行客を年間6000万人することを目標に政策を掲げています。

これから先、インバウンドはさらに増えていきます。

国を挙げて、インバウンド誘致に投資をしていくことが決まっている。

ちなみに、”6000万人”という数字感ですが、インバウンドが爆発していたコロナの前年2019年の、倍。この先、さらに巨大マーケットに成長していきます。

 

/
国をあげて伸びていくマーケットで、史上最高レベルでチャンスがある観光業でのビジネス。

今チャレンジすることで、20年先も30年先も稼いでいけるこのビジネスの、チャンスを掴まないのはとても勿体無いことでしょう。

これから加速していく民泊ビジネスですが、新規参入するなら、今しかないです。

こうしている間にも、日に日に参入者が出てきていますので、このタイミングを逃すと、どんどん競合が飽和していき、新参入の方が入れる余地が一切なくなります。

レッドオーシャンの市場になれは、勝てる者は経験豊富なプロに限ります。

勝てる時期に始めて、先行者優位な状況を作ること、経験を積むことで、今後もずっと勝っていける状態を作れるのです。

事業は参入タイミングがキモです。

史上最高レベルでチャンスがある観光業でのビジネス。掴めるかどうかは”イマ”にかかっています。


,

運営会社
特商法上の表記
プライバシーポリシー