無料講座☆3200人が参加中『ゼロから始める不動産ビジネス』

ゼロから初年度の年商2873万

本日は、Tさんのご報告です。

当社セミナーにてご登壇頂きました。有難うございました!

Tさんは、会社員の仕事をしながらも、ご夫婦で協力をされながら、マンション1棟の宿泊施設を経営されています。(Tさん38歳会社員男性)

Tさんの素晴らしいプレゼンを聞かせて頂きました。ですが、そんなTさんも、ほんの1年ちょっと前までは、初心者でした。

最初、Tさんとの出会いは、私が展示会に出展していたのですが、その時にTさんの方よりお声をかけていただいたことでした。

その後ご縁があり、当社より物件をご紹介し、開業に進みました。

私も、その時のことを、今でも鮮明に覚えています。

今日はTさんから頂いたメッセージを本文ママで転載します。

 

副業で運営しながら、初年度の年商2873万

Airbnbの管理画面をスクショしています。

 

以下、Tさんから頂いたメッセージを(本文ママ)


人生の大きなターニングポイントとなった。


会社員として初めて勤めた企業は、リーマンショックの影響で早期退職の募集を始めた。
全身全霊を注いで勤めた次の企業では、出世もしたが会社都合の考え方に馴染めず転職した。

 

そんな経験から、会社勤めだけの一本足打法ではダメなのだと思い、本業と副業の二刀流で戦うことを模索した。「二刀流といえば、まずは株だ!」と手を出すも無風。

「輸入ビジネスだ!」と意気込むが陽の目をみない在庫商品の山。「負けてたまるかビットコインだ!」と思いきるも大暴落。

なけなしの貯金を削って様々な事に挑戦したが、何一つ儲かったものはなかった。

 

私にはきっとセンスがないのだと落胆した。

 

 

数年前、私は数十万を払って〇〇〇アカデミーという不動産投資の学校に通ったことがある。仲間と呼べる関係性にある方は一人もおらず、物件も見つけられなかった。

もちろん私自身の問題もあるが、そのうちにあきらめて通うことも辞めてしまった。

 

途方に暮れる日々から次第に自信を失い、「本当の幸せってお金じゃないよね」と、自分都合の解釈に傾倒する。

 

そんな時、書店で大神さんの本を見かけた。
なんとなく大神さんの本を手に取った。

 

振り返ってみると、ここで大神さんの本を購入したことが、私の人生の大きなターニングポイントとなった。

 

私は本を買って満足するタイプで、読書好きではない。それなのに、その本は数時間で一気に読み終えた。

 

(・・・・)

 

内容が理解しやすかった事もあるが、自分と、大神さんの行動力の圧倒的な違いを痛感し、衝撃を受けたのだ。

 

(そりゃ私が成功するはずがない。

 

虚無感にも近い読後感だったが、次第にそれは「何とかしてこの人のようになりたい!」というエネルギーに変わった。大神さんのfacebookをフォローし、ラインにも登録した。

 

やはり信じる者は救われるのだと思う。そんな生活を送っていたら、なんと大神さんが勉強会をするとのことの案内があった。もちろん即参加した。

 

そこからは怒涛の日々だった。毎日のように動いた。

 

勉強会では月一回の特別講師を招いたセミナー、Web会議ツールを使ったオンラインミーティング、オンライングループコミュニティ内での日々のやりとりがある。


大家さんをやっている人、不動産のことは全く分からない人、何件も民泊物件を運用している人など様々な状況の方がいるため、それぞれが大神さんとメンバーに相談をしながら、自分の状況に合わせて活用している。

 

私は大神さんにご紹介を頂いた物件を契約し、大神さんとメンバーのサポートを頂きながら開業までこぎつけて、幸いにも順調に運用ができている。

 

ほんの数ヶ月前は何をしても上手くいかず自信も失っていたのに、自分の会社と自分の事業を持ち、自信を取り戻すことができた。

まだまだ規模は小さいが拡大していけるという確信を持っている。

 

最近は自分の物件の内覧会を実施し、「開業準備に何をしたのか?」、「協力会社にはどこまでを依頼しているのか?」、「利回りはどれくらいか?」などをメンバー間で共有しあったり、周りに貢献できるようにもなった。

 

私がずっと欲しかったのはお金ではなく、「自立できる!」という自信だったのだと思う。

 

メンバーは年齢も性別もこれまでの経験も現在の立場も皆バラバラだ。私が会社員の立場でお会いしたとしたら大先輩にあたる方も多数いる。年齢も私より上の方も沢山いる。それなのに、みんなフランクに、同じ目標をもつ立場として話をしてくれる。同時に、自分が怠けている時は仲間が頑張っている姿を目の当たりにするため、負けられないと奮起できる関係性にある。

 

私の今後としては、もちろん物件を増やしたいが、親和性の高い関連ビジネスにも投資をしてみたい。事業の拡大と安定性を高めることで、会社員から卒業することを目標としている。